犬っ記

2006年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2006年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年05月
ARCHIVE ≫ 2006年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2006年05月  | 翌月 ≫

どきり

今日も少しだけ残業して、タイムシートを送信して(月末締めなので)さて帰るとするか!と思ってからが長かった・・・。
会社でちと問題が発生。
情報が錯綜して、こんがらがって、廻りまわって届いて、確認のために上司はあちこちに電話、電話、電話・・・。
私は一度ゴミ箱に捨てた電話のメモを拾う。
結局、タイムシートに記入した時間より30分遅くなってしまった。涙

問題の解決への糸口を見つけられたのを確認して家に帰る。
バニラが玄関のドアに飛びつく音が聞こえてる。
ぴー。は、オハヨーの連発!
チビタはケージの中で大声で鳴いている。
バウは知らん顔でベランダで居眠り。

散歩に行き、郵便局へ行き、スーパーへ行き、ドラッグストアに行き、家に戻る。でも、トイレットペーパー買うのを忘れた。
それぞれのご飯を用意してやれやれと自分のご飯。
あ~~っというまに夜の9時!
一日の早いこと。

猫にアレルギーがあるのだけど、今の所特に変わったこともなくきてる。
ただ、目がやたらと乾燥する。
ハードコンタクトなので、レンズがフィットしない。
これもアレルギーか?!

明日は10時に騎乗予定♪
平日の昼間に乗れることなんて、めったにない!楽しみだ。
バウバニにも大きな公園でゆっくり散歩をさいてやろう。
5月は写真をあまり撮ってないので明日は写すぞ!

ぴー。の爪が伸びている・・・かなり前から気にはなっていたのだけど。
なかなか切る勇気がない。
理由
ぴー。が怒って噛み付いてくるので、嫌だ。
一人で切るのは難しい!
深爪をしてしまいそうで、怖い。
でも、もう本当に限界、なんとかせねば・・・。

何気ない一日

仕事も少し早めに終われた火曜日。
陽が長くなってきているのでまだ帰りは明るい♪
(昨日は、暗かった・・・)

チビタを自由行動させてから、バウバニの散歩へ行く。
いつもの公園である。
これからの季節、困るのは「蚊」と「花火」
虫よけスプレーは必需品。
まだ、花火は旬じゃないけどぼちぼち若いお子たちがやり始めいる。

花火。
バニラがまったくダメ。
挙動不審になるし、花火をしている公園へは近づかないし、逃げ出そうとする。
夏に迷子の犬が増えるのがわかるような気がする。
バウは?
これがまったくなんともない。
平気なのだ。
ロケット花火の音も吹き上がる火柱にもまったく動じず。
マイペースで散歩する。
パニくるバニラと知らん顔のバウ。
2匹を連れての散歩は、ペースが狂って歩きにくい。

バウのお腹の毛が良く汚れるようになった。
オシッコがかかって固まっている・・・。
こんなところにも老化の証拠だな。

今日は

のんびりと一日を過ごした。
昨日からお泊りに来ている子猫、仮名「チビタ」も少しづつ落ち着いてきてる、のか?!笑
チビタの日記はコチラ
http://blog.zaq.ne.jp/konekoko/

競馬のダービー。
自分なりのこだわりで馬券を買う。
馬連ゲット!しかし配当は涙・・・。(他の馬券も買ったし)

今日は28日。
バウとバニラは生まれた日が同じなので
バウ、12歳と5ヶ月。
バニラ、4歳と3ヶ月。
8歳の年齢差のおかげか、一度もケンカすることもなく適度に仲良く過ごしている。
食欲もあり、きげん良く毎日を過ごしている。
最近気になるバウの老化だけど、付き合っていくしか仕方ないかな。
できることなら、今以上に年は取らないで欲しいけどね。
明日からまたお留守番の一週間、何事もなく過ごしていけますように。

子猫、キタル(^^ゞ

去年の5月に子猫、11月に中猫を保護し、無事にそれぞれが良い里親さんの元に巣立っていった我が家。
「もう、猫は保護しないようにしよう!」と思ってたのだけど、またまた我が家に子猫がやってきた。

http://arkangels.blog34.fc2.com/

診察の結果。
生後40日くらい。
オス。
体温正常、目もきれい。
特に心配な点はなし。
来月中旬くらいに一回目のワクチンを接種予定。

家に連れて帰りさっそくフロントライン。
サバトラの尻尾のまっすぐな元気な男の子だ。
顔はなかなかのハンサム君。
少し目がブルーっぽい。

ブログを作り、里親さまとの出逢いを待つことになる。

koneko01.jpg

金曜日♪

譲渡会後の一週間は、しんどいのだ。
犬が年を取るってことは、飼い主も同じだけ時間を過ごしてる。
よって、私も疲れが抜けずにややぐったり。
仕事は、月末でさほど忙しくなかったのが良かったけど~~。

今日も気温が低くてバウバニにはお散歩日和。
遊歩道を歩く。
ルルと会う。
ルルは9歳のGR、体型はバウより小柄なのに体重が40キロ近くもある!
で、マルガリータになってた。
なかなか痩ないルル、元気で長生きのために頑張って痩せようぜ!
バウとはルルが生後4ヶ月からの友達なので、9年のお付き合い。
その後、家の駐車場でマリン・チョコと会う。
マリンも9歳、トライカラーのシェルティ。
チョコは8歳のGR。
どちらもお散歩デビューの頃からの友達。
バウも友達に会うと嬉しそうだ。
テンションが上がる。
「元気やったか~~?」
「最近どないや~~?」
「おまえも年取ったなぁ・・・」なんて話してるんだろうか?

我が家の近所は、犬密度が高い。
犬種もさまざま。
去年に天国に行ったラブのリトルんちには、同じ黄ラブのルークがやってきた。
バウより半年若いスタンプーのパス、妹分のビー。
GRのアレックス。
フラットのリン。
同じ名前でGRのりん。
ワイヤーフォックスのジュン。
同じマンションのヨーキーのコロナ。
チワワのうずら。
コーギーのティファ。
ミックスのごん、ベイと同居のトイプーのナナ。
バウと同じ年のミックスのコロ。
スタンプーのクロ。
ダックスのルーク。
最近会ってないけど、平成元年生まれの最長老シーズーのペロ。
散髪屋さんの女の子だけどタロウ。
GRのスター。
ゴルミックスのレナ。
スピッツのシロ。
GRのあんずとスタンプーのハッピー。
まだまだたくさん、空に還った友達もたくさん。
みんなバウの友達。

また会える日まで

サラは、乗馬クラブの友人のワンコ。
正確な誕生日は不明なのだけど、3月23日生まれということになっている。
飼い主のKさんと同じ日。
10歳になったばかり。

今日、5月25日。
サラは空に還っていった。
悪性腫瘍と闘い、何度も手術してがんばってきた。
少し怖がりで普段はとーっても控えめだけど、オヤツへの反応はすばやかった。

先月空に還っためいさんの飼い主も今日還ったサラちんの飼い主もそれはそれはワンコのことを考え、精一杯治療していた。
それが当たり前の姿だと思えるくらいに。
でも、世の中には自分の手で自分の犬をセンターに持ち込む人もいてる。
何が違うのだろう・・・。

サラ。
バウバニと仲良くしてくれてありがとうね。
ゆっくりおやすみ。
また、会える日まで。


思うこと

里親さまを募集していて思うこと。

子犬を希望される方が多い。
高齢より、若齢犬。
ミックスより、純血種。
大型犬より小型・中型犬。

大型のミックス高齢犬となると、なかなか縁がないのが現実。

子犬。
意見はさまざまやと思うけど、私は子犬は大変やと思ってる。
排泄から教えないとあかんし、どんな病気をするかもしれないし。
イタズラも強烈。
フルタイムで仕事してる身には、子犬の面倒は正直無理。
でも、かわいいのも確かなことやけど。

一緒に暮らすなら、長い時間を過ごしたいと願うのは当然。
だから、若い犬への希望が多い。
でも、年齢を重ねた犬はとても味がある。
イタズラもしないし、子犬のようにどのくらいの大きさになるかわからないなんてこともない。
ゆっくり一緒に暮らすには、ベストだと思う。
ただ、高齢からくる病気も多いのでそれがネックかな?

ARK-ANGELSで里親さまを待っている犬の中にもなかなか縁に恵まれないワンがいてる。
そんなワンの中で私が気になるのは
真央 中型ミックス・長毛 いいヤツである。
   年齢も若く、明るく元気一杯。
   物覚えも良さそうで、顔もハンサム。
   他の犬とも問題なく過ごせる。
   なんで、縁がないのか?
マック ゴールデンのオス 10歳
    まったりした性格で、本当にかわいい。
    攻撃性のかけらもなく、お人よし。 
    子供のボス・ミュウミュウ(里親さま決定)のまったりした気    性は、マック譲り?
    私に甲斐性があれば、マックを迎えたいなぁと思うけど、今の
    状態では無理だな。
    大型犬で10歳という年齢から縁がないだと思うけど、もったい    ない。
    10歳にしたら、若々しく元気なマック。
    なんとか良い縁がありますように・・・。

我が家のバーニーズ。
先代ののん、二代目のバニラともに1歳半で里子でやってきた。
成犬は、なつかないなんて思ってる人!
そんなことはありません!
いくつで家にやってきても、ちゃんと家のコになってくれます。
    
6月25日(日)に第9回譲渡会&チャリティバザーがあります。
ぜひ、会いにきてやってください。
   

本日のバウバニ

お昼過ぎに強く雨が降って、少し残業して帰った頃気温がさがり良い感じ。
ボールはやめて、歩いてみた。

遊歩道から三番目に近い公園へ。
この公園はグランドっぽくて三面がフェンスで囲われている。
周りをくるりと歩けるようになっていて、一応遊具や水道もある。
私とバニラがフェンスの外にいてたら、バウはフェンスの中へ入り草を食べてる。
そして、私の居る場所がわからなくなった。
暗くなっていたし、フェンスもあるので見えにくいのは確かなんだけど。
グランドの中を小走りで走り、立ち止まり、探す。
見つけられない。
バニラが中に入り、バウを見ている。
でも、バウはバニラを見ても寄ってこない、これが逆ならバニラはバウを見つけると走って来るんだけどねぇ。
バニラを信用していないのか?!笑
バニラの近くに私がいてるとは、思わないのか?
少し時間がかかって、やーっと見つけて少しすまなさそうに戻ってきた。
わざと呼ばなかったんだけどね。
目は確実に見えにくくなっているようだ。

当たり前のことなんだけど、確実に老いているんだな。
食欲も旺盛でもりもり食べてるし、ウンチも良いウンチ。
テンションが上がれば、ヘコヘコも絶好調♪
車に乗れば、高らかに唄う。
なので、まだまだ大丈夫。

家の駐車場まで戻ると、バニラにスイッチが入った!
走る!飛び跳ねる。
そして、調子に乗りすぎて着地に失敗(>_<)
アスファルトで右顔面側面を強打・・・痛っ!
キャンとは言わなかったけど、痛そうな顔してる~~。
口の中をチェックしたけど、出血はなし。歯も無事。
やれやれ。
困った「わるいぬさん」

バウのこと

昨日は丸一日、外で過ごしたバウバニ。
バニラの様子はいつもと変わりなし。
バウはちょっとヘン。
多分、暑かったのだとは思うけど姿が見えないと思ったら、風呂場で寝てた・・・今までこんなことはしなかったのになぁ。
クールボードを早々に出して置いているのに乗らないで風呂場や洗面所といった暗い場所で寝る。
バニラのオシッコシートがひいてある場所でも寝る。
ここは、確かに天窓を開けると涼しいんだけど、まだ、閉めてるし。
去年の夏が終わった頃にもこんな行動をしてたような・・・でも、まだ5月なんやけど~~。

ベランダにいることも多いバウ。
散歩に行くのに玄関から大声で何度呼んでも来ない(^^ゞ
バニラはスタンバイOK状態。
何回呼んでも来ないので、見に行くとうつらうつらと寝てる・・・。
若い頃は、散歩の「さ」と言ったら反応が早かったんやけどねぇ。
すぐ後ろから声をかけるか、背中にタッチせんと反応しない。
耳が聞こえにくくなってるのか?
いや、オヤツの袋の音には敏感に反応するんだけど。

気温が高くなり始めたら、老化のスピードが速まったように思う。
日一日と老化している感じ。
まだまだ暑くなるのに、大丈夫なのか?!


譲渡会の日

毎月第四日曜日は譲渡会開催日。
いつもは、、大阪市内の事務所で行うのだけど今回は堺市まで出張。
この準備が大変だった!と言っても平日仕事をしている私は手伝ってないのだけど。汗。
物品の販売は週半ばからOKだったので、バザー用品を運び、陳列。
毎日、スタッフは大阪市内の事務所と堺市の会場、そして急遽レスキューしたダックスたちのお手入れと大忙し。

そして今日は、里親募集中のワン達が集合。
朝から良いお天気。
犬の負担を考えると曇りでよかったのに~~。

広島からの応援あり、岡山の一時預かりさんが夢ちゃんを連れてきてくださり、卒業生が来てくれたり。
夢ちゃん、以前に里親さまを募集し今はのんびり幸せにくらしている「よしこ」に顔が似てる。
人なつっこいかわいいゴルだ。
我が家に2晩だけお泊りしていたバーニーも来た。
バーニー、とてもモノ覚えが良く、賢いそうだ。
表情もぐ~んと柔らくなり、ホストファミリーのK本さんちでかわいがられている様子が良くわかる。

とてもたくさんの方が足を止めてくださっていた。
一匹づつ、幸せになることができますように!
ありがとうございまいした。

商品の搬入、販売、譲渡会の準備、応対、片付けにとフルパワーで働いたスタッフ、ボランティアの皆さん、暑い中本当にお疲れさまでした。

連れていったものの、ほとんど相手をしてあげることができずのバウバニ。
良いコでいてくれて、ありがと!
バウに疲れが出ないように今夜のご飯にはビタミン剤を入れておきました。

さて、明日から一週間は仕事。
頑張りましょう。

飼い主持込

処分施設に来てしまった犬・猫は、迷子の可能性があり飼い主が捜してる可能性もあるので即処分対象にはならない。
冷たいコンクリートの上でたくさんの他の犬と共にひたすらに飼い主を待つ。
迎えに来てくれるのを待つ。
残された時間の全てで待っている。

処分施設で即殺処分対象になるのは
「飼い主が自ら持ち込んだ犬」
親である飼い主が「いらない」と決めた犬・猫には、迎えに来る飼い主はいない。
よって、即日処分対象となる。

飼い主は「殺してください」と持ち込んでくる。
飼えなくなった、一緒に暮らすことができなくなった。
里親も探さない。
さて、犬(猫)はどうしよう?
自分で命を絶つこともせず、一番辛い(持ち込むような飼い主に辛さはないかも?)嫌なことを他人にまかせている。

「お出かけ?わ~い♪嬉しいな!公園かな?川かな?海かな?」・・・・。
「ここはどこ?初めて来た知らない場所だよ」
「なんだか怖いよ」
「あれ??なんで?父さん、母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん帰ってしまうの?」
「待って!ボクもお家に帰る、一緒に帰るよ。置いてかないでよ~~っ!!」

「きっとお迎えに来てくれるよね。お泊りするだけだよね?いいコにしてたら迎えに来てくれるよね・・・?」

10匹のダックスが、飼い主によって処分施設に持ち込まれました。
http://arkangels.blog34.fc2.com/

今、犬や猫や命あるものと暮らしてる皆さん。
どうか、そのコの最期を看取ってやってください。
最期まで「家のコ」として看取ってやってください。
どうしても、どうしても無理ならそのコに新しいお家と家族を見つけてあげてください。





4月のあさりちゃん

ここには書いてなかったけど、あさりちゃんは4月の末にも「反省」をしていた。

骨型のガムを咥えたまま、反省するあさりちゃん。
しかし、悪事は繰り返す・・・。
反省の意味ナシ!

0426-00.jpg



0426-02.jpg



0426-03.jpg


こんなあさりちゃんだけど、普段はとーっても良いコです♪