のん

息子が小学4年生のころ。

バウがいて、のんが我が家に来て間もないころ。




息子にぬるめの牛乳たっぷりミルクティーを

スープカップのようなティーカップに入れて

コタツ兼用で低いテーブルの上に置いた。




台所で用事をしてると、真後ろになる位置。

振り向いてカップをみると、きれいに空っぽ。

「飲んだ?」

「え~~飲んでへん」

「なんで、空やで?」

カップのまわりにしずくが飛んでるし・・・?

怪しい。

でも、現行犯ではないし。




そんなことがあって数日後、また、同じように

ミルクティーを入れて、

テーブルの上に置いて

「紅茶入れたから飲みや~~」と声をかけて

台所に立ってると、





ぴちゃぴちゃ・・・ぴちゃぴちゃ・・・音がする!

何の音?!と振り向くと



のんが、とーっても幸せそうな顔して

飲んでた・・・。

「あら♪おいしい!牛乳たっぷり♪」




ふと、そんな光景を思い出した。








[ 2012/05/24 01:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する